バナー

クレジットカードのメリット

クレジットカードは18歳になると所持できるようになりますし、多くの人が利用しているということです。

カードを持っていれば現金がなくてもその場で欲しい商品を購入することができますし、便利な生活に欠かせないアイテムと言えるでしょう。

クレジットカードはもともと商品を後払いするためのものなのですが、傷害保険や商品の割引などのメリットもあるのです。



しかし、便利なカードにはメリットだけでなくデメリットもあることを知っておきましょう。現金を入れた財布を落としてしまった場合、その現金が戻ってくることはほとんどありません。しかし、クレジットカードの場合は無くしてしまっても補償がありますし、他人に勝手に使われてしまっても被害は全くないのです。

これがカードを利用する最大のメリットと言えるでしょう。

また、現金で高額の買い物をする時は緊張することもありますし、周囲に必要以上に気を配ってしまうこともあります。

しかし、カードならそのような心配はありませんし、高額な商品でも気軽に購入することができるでしょう。

また、クレジットカードには盗難保険が付帯しているため、落としたり盗まれたりしてもカードの利用を停止すれば安心です。

不正利用されたとしてもカード会社が補償してくれますし、被害を受けてしまう心配はありません。



クレジットカードを持っていない人は現金の方が安心できると考えているかもしれません。


しかい、カードの方がさまざまなメリットがあるのです。