バナー

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる

クレジットカードは買い物や食事の代金を払う以外の使い方ができます。


現金が必要な時にコンビニやATMでカードを使えば、利用限度額までのお金を引き出す事ができます。この機能はキャッシングと呼ばれており、カードさえあれば全国各地に設置されたATMからお金を引き出せるので便利です。

利用限度額はカード会社が定める金額で、利用者の収入状況や希望によって変動します。



利用限度額は多くても年収の3分の1程度に設定されます。

借りたお金は衣食住の生活費、旅行費や交際費などに使えます。


カード会社の定める規約次第ですが、借りたお金を事業目的の資金として使う事を禁止している場合があります。
事業目的の資金とは、会社の活動費や商品の仕入れなど、売上や利益に繋がる行為全般を指します。
事業目的の利用はクレジットカードの明細で判断されます。

規約違反すると注意の連絡を受け、それでも続く場合はカードの利用停止処分もあります。

クレジットカードで借りたお金は返済する義務があります。



返済はお金を借りた時と同じようにATMを利用してお金を送金する方法などがあります。

返済はお金を借りた日数と金利によって利息が発生します。


借り入れが長くなるとその分多く利息を払う事になるので損です。



3万円程度の借り入れなら、一括払いか2分割ですぐに返済してしまうと良いです。

お金を借りる時はローンシミュレーションという計算ツールを使うと良いです。

このツールを使えば利息の金額がひと目で分かります。