バナー

クレジットカードの歴史

クレジットカードの歴史は古くアメリカではその前身であるものから数えて長い歴史があります。

クレジットカードの便利なところは、決済が必要なタイミングで持ち合わせが無くても支払いが可能な点です。

基本的にはカード番号で個人を特定して、信用情報を確認の上カード会社が代金を立て替えます。



その為現金を持ち運ぶ必要がなく、コンビニエンスストアなどでの小額決済から、通信販売、特にインターネット上での電子市場で主流の支払い方法となっています。
この方式は後払いもしくはポストペイと言われています。
この方式を考えだしたのがあるアメリカ人の実業家です。

その発祥はアメリカのニューヨークです。



その実業家はある日、ニューヨークのレストランで食事をしていました。

食事を済ませた実業家は、支払いをする際に財布を忘れてきたことに気づきました。その場は家族に財布を届けてもらうことで無事に支払いを済ませることができました。

ただ財布を忘れてしまった恥ずかしさで非常に屈辱的な思いをした実業家は、現金がなくても支払いが可能にするために新しい方式を考案します。

これがポストペイというシステムです。現在ではプラスチック製が主流のクレジットカードですが当時は紙製のカードでした。


その後、その非常に便利な方式が注目され、クレジットカードは日本を含め世界中に普及します。


特にIT化の進んだ現代ではクレジットカードはなくてはならない物となっています。