バナー

クレジットカードの根本的なシステム

クレジットカードは人々の生活に当たり前のように溶け込んでいますが、その仕組みを知らない方も多いのではないでしょうか。


使用する上では大まかな流れは知っておくと安心です。
クレジットカードはまず利用できる加盟店でカードを提示することによって使用します。

カードの加盟店といっても昨今では相当多くのお店で使用できるようになっているので、あまり意識する必要は無くなっています。

販売店でカードを提示した時点で決済は完了するので、利用者は商品を受け取ります。



その後、販売店はカードの加盟店管理会社へと伝票を送付します。

その管理会社は一旦建て替える形で販売店へと料金が支払われる仕組みです。


この時にお金を受け取れるため、販売店がクレジットカードに対応することはそれほど大きな負担にはなりません。



管理会社は処理センターへとデータを送付し、そのデータは処理センターからカード会社へと送られます。
カード会社はそのデータに金利を付加し、利用者に代金を請求します。

この仕組みのおかげで利用者はどこでカードを使用しても、カード会社へと支払うだけで良いという抜群の利便性を維持しています。


注意しておかなければならないのはカードが便利すぎるが故につい使いすぎてしまうことです。

クレジットカードは基本的に後払いであり、実際にお金を使っている感覚を抱きにくい点にも留意しておきましょう。クレジットカードは計画的に使う限りは非常に使いやすい物と言えます。